覚醒のすすめ

誇りと自信を取りもどすために!

満州事変を見てわかったこと

今回は満州事変を見てみる。

 

ちまたでは、日本が一方的に悪いという人が多い。
例によって事実を見てみたい。


まず、満州事変に関する事実は以下の通りである。

・1931年(昭和6年)に起こった日本と支那(当時は中華民国)との間の武力紛争(事変)である。
・1931年(昭和6年)に支那奉天(現瀋陽)郊外の柳条湖で、南満州鉄道の線路が爆破された。
・日本の関東軍は、鉄道防衛の目的と称して反撃し、軍事行動を拡大した。
・1932(昭和7年)に満州国が建国された(清の最後の皇帝であった溥儀が執政)。
・1932(昭和7年)のリットン調査団の報告書が提出された。
  日本軍の自衛行為を認めない。
  満洲国は独立とは言い難く、その存在自体が日本軍に支えられている。
  満洲に日本が持つ条約上の権益、居住権、商権は尊重されるべきである。
・1933年(昭和8年)の国際連盟総会で、「中日紛争に関する国際連盟特別総会報告書」の採択を不服とした日本は、国際連盟を脱退した。


当時の背景は以下の通りである。

日露戦争後の1906年明治39年)に南満洲鉄道が設立され、鉄道守備隊(のちの関東軍)が駐留していた。
・1911年(明治44年)に支那では辛亥革命が起こり、清が倒れ中華民国が誕生した。
・1918年(大正7年)に、日本は支那に対して対華21カ条要求を出した。
支那辛亥革命後、軍閥による対立が続いており、複数の政権が樹立された状態であった(国家として成立していなかった)。
・1923年(大正12年)に臨城事件が起こり、多数の英米人が被害を受けたため、英米を中心に列強による鉄道警備管理共同案が議論された。
・1928年(昭和3年)に、奉天軍閥の指導者張作霖が暗殺された。
・1928年(昭和3年)に、支那は清時代に締結した諸条約の無効を主張し、日清通商航海条約の破毀を一方的に宣言した。
・1929年(昭和4年)に、支那は東清鉄道付属地に住んでいた白系ロシア人に圧力をかけ、中ソ紛争が勃発した。
・1931年(昭和6年)に日本軍の密偵参謀本部将校)が張学良配下の屯墾軍に拘束され処刑された。


上記を見て、素朴な疑問を持った。
なぜ、日本は世界に対して満州での一連の出来事を客観的に主張できなかったのであろうか?
・当時の支那は、軍閥による勢力争いの最中で、国として成立していない(無法地帯である)。
支那政府には治安維持能力がなく、また条約を遵守するという行為をとっていない。
関東軍満州駐留は合法的なものであり、権益を自衛するための行為は侵略にあたらない。

 

それに加えて、リットン調査団の報告書は、一方的に日本を断罪するものではなく、権益の確保は理解していた。領土の確保ではなく、権益確保のために内容を受け入れるという選択肢はなかったのか?

 

こんな疑問を持つのは私だけであろうか?
今だから言えるのかも知れないが…

 

調べてわかったのは、満州事変は侵略ではなく自衛のための軍事行動である。
ただし、起こったあとの処理はまずかった。

欧米列強への対応が、非常にまずかったと言うことは間違いない。

(白人国家は、白人以外が権力を持つことを認めていない。)

 

当時の国力を考えると、名を捨てて実を取るような行為も生き残るためには必要だったかも…

残念である。